»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


足水虫(足白癬)の症状と治し方まとめ – 種類別!必見注意!

スポンサードリンク

 

足の水虫の症状には大きく分けて三つのタイプがあります。

 

1.趾間型水虫

足の指股にできるかゆみの強い水虫。
赤く皮がむけたり白っぽくふやけてジクジクと湿っぽいタイプ。

 

2.小水疱型水虫

主に足の土踏まずや指の付け根に小さな赤い水ぶくれを生じる。
汗疱や掌蹠膿疱症と間違えやすいが、かゆみの強いのが水虫の特徴。

 

3.角化型水虫(角質増殖型水虫)

足裏全体の角質が硬く、厚くなり、白い粉を吹いたようになったりひび割れたりする。
かゆみは少ない。

 

水虫は、白癬菌という真菌(カビ)が皮膚に接着後、角質内に侵入して感染する病気です。

足の場合、必ず片方から症状が始まるという特徴を持っており、似た症状を持ち紛らわしい他の皮膚病と区別することができます。

 

いずれの場合も、高温多湿な環境で白癬菌が増殖したことにより感染しやすくなります。

角質は死んだ細胞で、白血球による病原体の食作用や殺菌作用も及ばない場所での菌の繁殖が起こるため、自然治癒は不可能と言えます。

治療方法としては抗真菌薬の外用・内服があり、最低1ヶ月、重症では6ヶ月以上の外用薬の塗布と服薬を要します。

 

一方、酢やお茶、熱した蝋、重曹、エッセンシャルオイルなどの民間療法で治癒した例も少なからずあります。治癒データは不確実ですが、参考までにご紹介しておきます。

 

『酢』による治療法

酢の殺菌力を利用した方法。大量の酢を熱したものに足を一時間ほど漬ける。

10日ほどでかゆみが治まる場合もあるが、角質内部の白癬菌まで殺菌できていない可能性があり、また症状の再発を繰り返すことが多い。

 

『蝋』による治療法

温度60度以上の熱1秒間で白癬菌が死滅するという性質を利用し、ろうそくを熱く熱して蝋を患部に塗布する方法。

間近から蝋を垂らすと火傷するため、60㎝ほど上から垂らす。

獄中作家の安部譲二氏の本や雑誌フライデーでも紹介されたことがあり、治癒したという報告も実際にある。

 

『茶』による治療法

茶がらや抹茶を使用する。

さくらももこのエッセイでは、熱湯を注いだ茶葉が開いたところでストッキングに入れ、患部を覆ったまま寝たところ一週間で完治した。

抹茶では、抹茶粉を濡らさず患部にそのままつける。一日で抹茶は茶色くなるが、塗布を繰り返して一週間~10日で完治したという報告もある。お茶の殺菌力を利用したもの。

 

『エッセンシャルオイル(アロマオイル・精油)』による治療法

ラベンダー、ティーツリーなど殺真菌作用のある天然精油を使用する方法。

アルコールに5%程度の濃度でよく混ぜ、一日4回程度塗布するのを三日程度続けた後、植物性クリームに3~5%濃度の精油を混ぜて皮膚がきれいになるまで塗り続ける。

ひび割れには没薬も効果があり、上記二つの精油も炎症や傷口への治癒作用がある。ラベンダーと没薬、ティーツリーのみ、といった風に組み合わせを変えつつ使用しても良い。

治癒効率は6割程度との報告があります。

 

また、水虫は清潔と乾燥に注意しなければなりませんが、洗いすぎは禁物です。

一説には足を懸命に洗う人ほど水虫にかかり易いとも言われており、軽石でこすると小さな傷から白癬菌その他の細菌が侵入しやすくなってしまいます。

足を洗う時は石鹸で優しく表面を洗うようにしましょう。

 

水虫患者が家にいる場合のバスマットや寝具・スリッパの使い分け、水周り(風呂場や台所など)を中心に、よく掃除機をかけたり床掃除をこまめにし、通気性を良くしておくことも大切です。

夏場だけでなく、冬も一日中靴を履きっぱなしの方は、水虫に感染する確率が高くなりますので、会社内にいる時はサンダルに履き替えるなどの工夫をするようにしましょう。

 

また、同じ靴ばかりを履き続けない、ブーツばかり履かない、水虫に感染した時の靴は思い切りよく捨てる、などの対処をしましょう。

白癬菌のついた衣類を洗濯機で洗っても、家族に感染することはありません。

 

洗剤と水で白癬菌はきれいに洗い落ちてしまうからです。
また、白癬菌は空気感染をすることもありません。

 

もうひとつ、これはよく知られていない事実ですが、水虫は専門医でも見分けるのが難しい場合があり、誤診もしばしばあるということです。

内科などにかかった際についでに診てもらったりすると、医師に専門知識がないために別の皮膚病と診断されたりすることもあります。

 

水虫の検査は患部の皮膚の一部をピンセットでわずかに採取し、顕微鏡で調べるのですが、皮膚科によってはこの顕微鏡検査さえせずに、診断してしまうところもあるようです。

その結果、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)その他の皮膚炎と誤診されてステロイドを渡されたり、水虫でないものを水虫と判断されて抗真菌剤を処方されてしまったりするケースも見受けられます。

 

水虫の治療で病院に行く時は、きちんと顕微鏡検査をしてくれる専門医を選ぶようにしましょう。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu