»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


ゼニタムシ(体部白癬)の症状と治療法 – 短期治療!抗真菌薬!

スポンサードリンク

 

ゼニタムシは、その名のごとく患部の湿疹が丸い「銭」のような形をしていることから呼ばれたものです。

 

image

 

始めはかゆみを伴う赤く隆起した湿疹が、だんだんと丸く大きくなってり、周りへと広がっていきます。

 

他の水虫と同様に、高温多湿を好む白癬菌が体部の皮膚に感染して起こる症状です。

image

 

体に出来たタムシは、いったん発症すると体中のどこにでも飛び火する可能性があり、症状を見つけたならば自分の足の水虫、家族の水虫、ペット(特に猫)の水虫を疑う必要があります。

体の皮膚は足底と違って薄いため、白癬菌が感染しても比較的短期で完治します。

白癬菌は、肌に付着したからといってすぐさま皮膚内部に入り込むわけではありません。

皮膚についても自然に剥がれ落ちたり、洗えば流れ落ちたりしており、空気感染もしない、つまり感染力としてはそれほど強くはない菌です。

 

しかし高温多湿を好んで増殖するため、夏に汗をかいて湿ったままのシャツを着ていたり、絆創膏や湿布を貼ったまま湿気を含ませていたりすると白癬菌が活発化します。

また、剥がれ落ちた皮膚の垢と共にどこにでも付着・感染する恐れがあり、人から人、ペットから人、人からペット、相互にうつる可能性があります。

 

image

 

温度15度以上、湿度70度以上が白癬菌の繁殖を助ける環境ですから、衣類や靴下、寝具やマット類、そしてペット動物など体に直接・間接的に触れるものはいつも清潔と乾燥を保っておくことが予防になります。

 

治療薬は、白癬菌を滅菌するための抗真菌薬となります。

足と違って体の皮膚は角質層が薄いため、正しい治療法で対処するならば短期の治癒も可能です。

角質のターンオーバー(新陳代謝)が完了する一ヶ月程度、ちょうど足水虫の初期症状(まだ角質の浅いところで感染が止まっている)と同じ位の治療期間が目安です。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu