»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


爪水虫(爪白癬)の症状と治療法 – 最新『パルス』&『密封療法』

スポンサードリンク

 

爪水虫(爪白癬)の初期症状は、足の爪に縦筋が入り白っぽく濁った色に変化します。

image

 

かゆみはほとんどないものの、放置しているうちに爪の色が黄色から黒色へとだんだん変わり、爪が盛り上がって厚くなり、ボロボロと先が崩れてきます。

 

重症になると靴が履きにくくなったり歩きにくくなったり、また※糖尿病との合併症も心配されるところです。(※糖尿病の足壊疽切断の原因は水虫、特に最大原因が爪水虫)

image

 

ひと頃は、この症状は男性だけがなるものと考えられてきましたが、最近は女性の社会進出により仕事で終日パンプスやハイヒールを履くことでOLの方々までこの症状を訴えるケースが増えてきました。

また、ブーツの流行により女子高生のような若い年齢層にも症状が広がっています。

 

爪水虫は、趾間型や小水疱型の水虫を、長年完治しないまま繰り返し再発した慢性の白癬症の末期症状である場合が多く、この時点で皮膚科医にかかると最低6ヶ月~1年以上の治療期間を要します。

 

治療方法としては、抗真菌剤の外用だけでは完治がほぼ不可能なため、内服薬を併用します。皮膚科でよく処方されるのがラミシール錠で、一日一回朝食後の服用を続けます。

 

この場合長期の服薬によって肝障害を起こすこともありますので、専門医の定期的な診断を受けながらの治療になります。

薬物治療でも完治しない場合は、外科治療の方法をとります。

患部の爪を完全に抜去して、その後さらに抗真菌薬の服用を続けます。

 

 

爪水虫の効果的な治療方法!

 

「パルス療法」- 爪水虫の治療方法

従来、爪水虫の治療では長期間(6ヶ月以上)処方薬を飲み続けなければなりませんでしたが、近年パルス療法が導入されました。

これは、服薬しなくても効果が一週間以上続く薬を使用して、服薬を一週間続けた後三週間休む、を3セット繰り返すことで大幅に治療期間を短縮することができるようになったのです。

服薬期間が短かくなることで肝障害などの副作用を防げられ、非常にメリットのある治療法と言えます。

 

 

「密封療法」- 爪水虫の治療方法

肥厚した爪の内部までは抗真菌剤が届かないため、これまでは外用薬には低い治療効果しかないと思われてきました。

しかし近年、厚くなった爪を尿素で柔らかくして削った後に薬を塗布するというやり方で、外用薬の効果を高めるのも可能になっています。

方法としては、爪に40%濃度の尿素を湿布、またはスピール膏を貼りラップを巻きます。

爪が柔らかくなってからカッターなどで出来るだけ薄く削り、外用薬を塗布するというものです。

 

 

爪白癬は、長年水虫の市販薬を短期的に繰り返し塗っては、角質深くに潜っている白癬菌が再度再度に発症して慢性化してしまった結果が多いのです。

 

市販薬を塗ってかゆみが治まったら使用を中止するというのを繰り返した結果、白癬菌が薬への耐性をつけてしまい、いよいよ皮膚科の治療という時には処方薬も効きにくくなっているというケースがあります。

また、何より恐いのは水虫以外の皮膚病に水虫薬を塗り続けて悪化させてしまうことです。

 

趾間型や小水疱型の水虫と同様、素人判断での自己治療は時に最悪のケースを招いてしまうこともありますので重々注意しましょう。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu