»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


かかと水虫の症状と治療方法 – 原因と感染予防方法もご紹介!!

スポンサードリンク

 

かかと水虫は、正式な病名を「角質増殖型白癬」といいます。

image

 

かかとの角質がガサガサと厚くなり、粉をふいたように白っぽく、深いシワもできます。

 

乾性の水疱のようなものができ、皮がむけることもあります。

image

 

かゆみは少ないか、ほとんどないため水虫とは認識されず、乾燥によるただの肌荒れや、高齢による皮膚の硬化と思い見過ごしてしまうケースが非常に多いようです。

 

かかと水虫を治療しないまま、白癬菌をばらまいて水虫のキャリアー(運び屋)になることがよくあります。全体では高齢者に多く見られる症状です。

かかとの皮膚は指や土踏まずと違い角質が厚いため、角質のケラチン質を食物とする白癬菌が深くまで入り込んで繁殖するには絶好の環境なのです。

 

かかと水虫は、それ以前に趾間型や小水疱型の水虫が出たり引っ込んだりして、完治しないまま長年持ち越し、水虫が慢性化した人によくみられる水虫の症状です。

 

一年を通してずっと足裏がガサガサ硬くなっている、そしてかゆくない。

こんな状態と症状では、素人目では水虫と判断するのがなかなか難しいかもしれません。

 

治療にはかなりの期間を覚悟する必要があり、一ヶ月で皮膚表面の角質が代謝してしまっても角質深部に白癬菌が残っているため、2~3ヵ月の外用薬・内服薬による治療を続けることになります。

 

皮膚科の一般的な外用治療薬には尿素が配合されており、角質層を尿素によって柔らかくしつつ、抗真菌剤の浸透の効率を高めていくというやり方です。

 

その他の効果的な治療方法としては、「パルス療法」や「密閉療法」などがありますが、これについては「角質増殖型水虫」と「爪水虫の症状と治療方法」の項を参照してみてください。

 

完治のためには、病院の処方薬を油断せず続けることと、かゆみがなくなったり見た目がきれいになっても、角質内部の白癬菌を全滅させるために、最低2~3ヶ月は気長に薬を塗り続けることが大切です。

 

内服薬も途中でやめたりせず、医師の処方通りに継続します。

 

家族感染を防ぐためには、足マットや寝具はもちろんのこと、お風呂マットまで専用のものを用意するとなお効果的です。

 

毎日浴場で足をきれいに洗ったあとは、よく乾かして通気性を良くし、菌のついた垢を家の中で落とさないために、靴下をはく習慣をつけるのも感染予防になります。

靴下を履く際には、五本指靴下が湿気を防ぐのに役立ちます。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu