»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


白癬菌の予防対策!『感染する人』と『感染しない人』の違いは?

スポンサードリンク

 

白癬菌は、私達の生活の中にある「あらゆる場所」に存在していることは、『白癬菌とは?』の記事にて解説致しました。

・関連記事: 白癬菌とは? – カビ(真菌)でありどこにでも存在し感染する!

白癬菌 感染 原因

 

では、その中でも白癬菌に「感染しやすい人」と「感染しにくい人」がいるのは何故でしょうか!?

今回は、この内容について解説していきます。

 

 

1.不衛生などの環境要因と抵抗力などの内部要因

水虫の感染原因は高温多湿・不衛生などの環境要因もありますが、実は私たちの体質にも原因があると言われています。

水虫にかかる多くの人は、『腸』に何らかの問題を抱えていると言われています。

 

解毒機能をもつ肝臓や、異物の「ろ過能力」によって免疫力を決定する、小腸の働きが先天的・後天的な原因によって弱っていたり障害を持っていたりすると、白癬菌を含め、多種多様な細菌やウィルスに対する抵抗力が低下してしまいます。

 

ですから、白癬菌に感染して、病院で症状を完治してしまうのはそれで良いのですが、あとあと感染を繰り返さないためにも、衛生環境の改善とともに、体質改善(免疫力の向上)を目指すのもひとつの方法と言えます。

 

白癬菌 予防

 

もともと皮膚病と腸というのは深い関係にあり、アトピー性皮膚炎なども患者の多くは腸管の「ろ過能力」が通常の人よりも劣っている場合が多いのです。

一番身近な例で見れば、便秘をすれば吹き出物がでますし、肌荒れもひどくなります。

 

皮膚というのは体内の毒物を排出する一種の排泄器官ですから、アトピー性皮膚炎患者が痒い肌を掻きむしるのも、皮膚が体内毒素を排出する際のかゆみへの反応です。

原因はまったく別ですが、ひとつの皮膚症状として表れる水虫症もまた、白癬菌を皮膚が排出しようとして起こる炎症反応に他なりません。

 

異物・毒物の「ろ過排出器官」である腸の機能がレベルダウンすることによって、二次的な排出器官である皮膚に負担がかかり、その結果、白癬菌を角質から効率的に排出できない、ということが考えられるのです。

 

 

2.感染リミットの24時間以内に白癬菌を洗い流しているか?

白癬菌は24時間で皮膚の角質に感染するという性質を持っています。

今日の仕事帰りにジムで、ついうっかり裸足でマットを踏んで、足に付着させたまま家に運んでしまった白癬菌は、実は24時間以内に洗い流せば足の角質層まで侵入しません。

 

白癬菌 予防対策

 

石鹸やボディーシャンプーなどで、指股まで丁寧に洗ってしまえばきれいに落ちてしまうものなのです。

単純な話になりますが、お風呂で体を洗う時は、足先・つま先まで忘れずに石鹸で洗う習慣をつけると良いでしょう。

 

しかし、軽石でこすったり、やすりやカッターで肥厚した角質を無理に落とそうとすると、細かい傷がついて白癬菌が侵入しやすくなりますので、過度に洗いすぎることも避けましょう。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu