»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


白癬菌はカビ(真菌)!白癬菌が多い場所を知り感染予防しよう!

スポンサードリンク

 

白癬菌はカビ(真菌)の一種です。

水虫の原因でもある白癬菌が好む場所を知り、水虫予防対策を行いましょう。

 

image

 

1. 白癬菌は、湿度と温度の高い場所を好む!

白癬菌は真菌類に属する一種の「カビ」ですから、カビのように湿って温度が適度に高い場所を好みます。菌の種類によっても違うのですが、白癬菌が活発に繁殖を始める温度は15度以上、湿度は70%です。

 

カビ 真菌

 

日本の気候は高温多湿であり、カビに属する白癬菌が非常に繁殖しやすい環境でもあり、夏の暑い盛りなど、足に密着した靴の中は温度が32度以上、湿度95%以上にもなります。

 

水虫にかかったという人の中には、水浸しの作業で足が汚水に濡れてそのまま長時間過ごしたり、雨の中を靴で歩いて足がふやけてしまった後に発症したという人も少なくないでしょう。

そんな場合は必ず家に帰ってからシャワーと石鹸で足をきれいに洗い、乾燥させておかなければなりません。

 

 

2. 白癬菌は、ケラチン質が豊富な場所を好む!

そして白癬菌が食物とするのは「ケラチン質」です。

これは皮膚の細胞同士の結合を維持し、角質の大部分を占めるたんぱく質で、毛髪、皮膚、爪、動物の毛や羽毛、角、蹄などの主要な構成物質です。

 

ケラチン質は強固な組成で出来ており、容易に外部の微生物などが侵入しにくい性質を持っています。

白癬菌は人間や動物の体のどこにでも感染することができますが、特に足の裏は角質層が厚くケラチン質が豊富なため、「水虫」といえば足にできることが多いのです。

 

水虫 治療 予防

 

 

3. 白癬菌は、腐ったものを好む!

白癬菌に限らずですが、菌は全般的に腐敗した有機物(タンパク質など)を好んで食物とします。

つまり水虫にかかりやすい人とかかりにくい人の違いは、足の角質にたまる老廃物の質や多少に関係があるという説もあるのです。

 

例えば肉食を好む人の腸内環境は菜食主義の人の腸よりも悪玉菌が多く腐敗傾向にあり、血液中の老廃物や毒素も多いでしょう。

これは当然ケラチンの質にも関係し、腐敗した老廃物が多く含まれている細胞ならば、白癬菌も好んで繁殖するはずです。

 

image

 

対策としては食生活の見直し、菜食に切り替えるなどの方法があげられます。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu