»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


真菌とは?- 細菌・ウイルス・原体との違い!感染の原因!微生物

スポンサードリンク

 

真菌には「菌」という言葉がついているのですが、細菌やウィルスとの違いは一般人には正確に理解しづらいのではないでしょうか?

 

image

 

病気を感染させるものとしては、聞きなれない言葉で「原虫」というのもあります。

目に見えない大きさのこれら大小さまざまな生物を総称して「微生物」といいます。

ここでは病気の原因となるこれらの微生物が、どう区別されるのかを簡単にご説明します。

 

 

真菌とは?

カビ、酵母、キノコの三種類に分類される真核生物。単細胞と多細胞どちらも存在し、核膜をもつという点では、動植物レベルとして区分される。

image

 

酒や味噌を発酵させるのが酵母。鰹節を発酵させているのは黒麹カビ。

ブルーチーズの青カビ、カマンベールチーズの白カビ、テンペのクモノスカビなど、人間に有用なものもあるのですが、有害な真菌症をもたらす菌として白癬菌、カンジダ、クリプトコックス、アスベルギルスなどがあります。

 

細菌よりも低栄養状態で繁殖し、熱や化学処理に対する抵抗性は細菌より低い。

 

 

細菌とは?

核膜や細胞小器官の膜を持たず、単細胞の原核生物としては最小のもの。

バクテリアや大腸菌など多くの病原菌が細菌の仲間である。

image

 

有用なものとしては ヨーグルトやチーズの乳酸菌、鰹節やプーアル茶、泡盛などの黒麹菌、納豆の納豆菌などがある。

病気では大腸菌、黄色ブドウ球菌、赤痢菌、コレラ菌、結核菌などがあります。

 

 

原虫とは?

マラリアやトリコモナスなどに代表される、運動性を持ち病原性のある真核の単細胞生物

菌糸を持たない、つまり菌の形態をしておらず運動性があるものが原虫に分類される。

image

 

近年では、日本の水道水中にクリプトスポルジウムが発見されたが、衛生状態の進んでいる先進国では、原虫による寄生虫病はほぼ駆逐され、稀なものとなりました。

 

 

ウィルスとは?

細菌が細菌から出す毒素によって病気をつくるのに対し、ウィルスは宿主(細菌も含む)の細胞を破壊して侵入し、DNAを自分のコピーをつくるべく改造してしまうという方法をとります。

image

 

細胞の形状をしておらず、タンパク質の殻の中に遺伝情報だけが入った形をしている。

AIDS、インフルエンザ、日本脳炎など。

O-157は特殊な例で、大腸菌が赤痢の毒をつくるウィルスに感染して作られた病原体です。

 


 

水虫の症状を起こす白癬菌は「真菌」の仲間に入り、糸状の菌糸が縦に伸びていくため皮膚糸状菌のグループです。

image

 

皮膚糸状菌には、白癬、黄癬、渦状癬の三つがありますが、現在日本に存在が認められるのは白癬菌だけであるため、皮膚糸状菌のことを単に「白癬菌」とも呼びます。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu