»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


水虫の確実な治し方をアドバイス!噂の民間療法に左右されない!

スポンサードリンク

 

水虫への最善の対処法は「皮膚専門医の診断・治療を受ける」ということに尽きます。

皮膚科に行くと、専門医は、あなたが水虫であるかどうかを判断するために、患部の表皮をピンセットで少しつまみ取って顕微鏡で調べてくれます。

水虫を確実に完治させるアドバイス

 

この皮膚科医での顕微鏡の検査結果において、白癬菌の存在がなければ、水虫ではなく「汗疱」や「接触性皮膚炎」その他の皮膚病かもしれないという結論に結びつきます。

それらの水虫に似た皮膚病が見つかれば、それに対する正しい対処もしてくれますので、どちらにしても一番安全かつ確実な方法なのです。

 

特に「爪水虫」は、素人治療ではまず、完治は不可能と思ってよいでしょう。

単に薬を塗るだけでは、爪と皮膚の間に入り込んでいる白癬菌を殺すことはできません。

 

薬の塗布と抗生剤の服用、つまり菌に対する外と内からの徹底的な対処をしなければ、わずかでも菌が生き残っていることにより、しつこい爪水虫は再発を繰り返します。

水虫が治らない

 

 

水虫が完治したという民間治療の噂に惑わされるな!

 

これは笑い話になるかもしれませんが、白癬菌は熱に弱い(60度以上の熱・一秒で死ぬ)というので、たまたま熱く焼けた屋根の上を裸足で歩いて水虫が治ったという話があります。

また、もと刑務所に服役していた獄中作家の安部譲二さんは、服役中リンパが腫れるほどに悪化した水虫を、熱い蝋で治したそうです。

 

水虫は正しく治そう

 

これらの民間治療で、その人は本当に水虫を完治させたのかもしれませんが、民間療法がどれほどの治癒効力を持つのか、はっきりしたデータは出ていません。

口伝えや言い伝えの世界ですから、伝統的なやり方が果たして正確に伝わっているのかも定かではありません。

しかも民間療法は、やけどなどの危険を伴うものも多く、リスクと治療期間のことも考えれば、これは病院で治療を受けた方が結果的にはコストが安くなる場合が多いです。

 

もちろん、薬品嫌いで絶対に私は薬を飲まない・自然療法で必ず治す決意があるという方はこの限りではありません。

 

いずれにせよ、正しい検査と治療法を継続的に行うことにより、水虫は必ず完治します。

しかし病院の治療だけでなく、完治後の衛生環境の改善や健康管理などにも留意し、再発を防ぐようにしなければならないことは、言うまでもありませんね。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu