»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


水虫はペットからも感染します!白癬菌の感染力の強さ驚異!!

スポンサードリンク

 

あなたの可愛い愛犬や愛猫が、最近しきりに体の毛をなめていたり、脱毛が目立ってきたりしていませんか?

image

 

ペットの水虫の症状は、円形脱毛や紅斑となって現れます。

犬や猫だけでなく、フェレットやハムスター、ウサギ、チンチラなど動物を水虫にする菌は、正式には「皮膚糸状菌」というのですが、皮膚糸状菌には白癬と黄癬と渦状癬の三つの種類があります。

 

今のところ日本でみられるのは白癬菌のみで、とくに水虫を起こす皮膚糸状菌のことを「白癬菌」と呼んでいるのです。

少し専門的な話になりますが、犬に寄生する皮膚糸状菌を「犬小胞子菌」、猫に寄生するものは「猫小胞子菌」と呼びます。

 

ペットの場合も人間と同じで、何らかの病気で免疫力が低下していると皮膚糸状菌に感染する確率は高くなります。

また幼若期の動物の方が年齢の高い時よりも発症しやすく、治癒も早いと言われます。

 

もともと、日本のペットに水虫は存在しなかったのですが、1970年代の外国(おもにアメリカ)からのペット輸入の際に菌が持ち込まれ、日本中に拡散したといわれています。

ペットショップ内の感染と、ペット同士の交流が感染経路で、人間には抱いたり一緒に寝たりといった密接なスキンシップを通じて、感染してくることがあります。

 

ペットの皮膚糸状菌が人間の体に感染した場合、通常は頭や体などのペットと接触する部分に発症し、シラクモ(頭部白癬)やタムシ(体部白癬)といった症状で現れてきます。

とはいえ、皮膚糸状菌(白癬菌)は容易に人の体に感染するものではありません。

 

水虫にかかっている人とそうでない人がいるように、ペットからも簡単に水虫がうつってくるものではないのですが、免疫力の低下や湿気の多い環境、不衛生な環境などの要因が積み重なると、万が一ペットが白癬菌を保菌していた場合に飼い主に感染・発症するリスクが高くなるということなのです。

 

Next → 水虫(白癬菌)は、人からペットへも感染し被害が拡大します!!


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu