»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


水虫(白癬菌)は、人からペットへも感染し被害が拡大します!!

スポンサードリンク

 

水虫を患う飼い主が家の床や畳を歩いて、白癬菌のついた角質(垢)が落ち、そこを裸足で歩いた犬や猫の足に水虫がうつる可能性があります。

足の指にできることもありますが、ペットは床に直接寝ころぶことが多く、足の爪で体を掻くこともあります。

 

image

 

すると白癬菌が体にも付着して円形脱毛や紅斑などの症状がでる場合が多い訳です。

もちろんペットも爪水虫になることがあり、こうなると水虫に冒された爪で体中を引っ掻き回すのですから、掻いた体のあちこちに水虫の症状がでて非常に可哀そうな状態になって
しまいます。

 

もしもペットに円形脱毛など水虫の症状が見られたら皮膚接触を避け、早期治療のために直ちに獣医で診断・治療を受けることをお勧めします。

また、飼い主とペットの両方が水虫にかかっている場合、片方だけの治療では、いずれ元の状態に戻ってしまいますから両方とも並行して同時治療を進めていくことが大切です。

また、これも人間同様に白癬菌を保菌していても発症しない動物もいます。

 

症状が出ていないために病気が分からず、容易に他のペットや人間へ菌を運んでしまう「キャリア」となってしまうケースです。

 

ペットの水虫治療は、ほぼ人間の場合と同様、抗生剤の服薬で最低3週間を要し、程度がひどい場合には一ヶ月以上かかる場合もあります。

 

水虫が全身に広がっている場合は薬剤入りシャンプーでの全身浴を勧められることもあり、病院によっては外用薬を処方するところもあるようです。

 

かかってしまうと人にもペットにもやっかいな水虫ですが、水虫を恐れてペットとのスキンシップがないでは寂しいものがありますね。

 

過度にペットを遠ざける必要はありませんが、人間の場合と同様、水虫菌(白癬菌)の繁殖を助けるような環境にならないよう、家の中の通気性を良くし、バスマットやバスタオル、寝具などはいつも清潔で乾燥したものを使うよう心がけましょう。

 

ペットマットはいつも清潔にし、健康を害さない程度で体を洗って清潔にしてあげるのも予防のひとつでしょう。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu