»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


手水虫(手白癬)の症状と治療法- 原因は他の箇所の水虫から!

スポンサードリンク

 

手の水虫もまた、白癬菌が原因で起こります。

足の水虫と同じく趾間型、小水疱型、角化型(角質増殖型)、爪白癬(爪水虫)の四つに分類することができ、最初は赤い小さな湿疹ができ、手のひらではガサガサした角質増殖型が多く、手背ではタムシのような円形の広がりを持った湿疹ができることが多くあります。

image

赤い水疱や皮むけなど、単なる手の湿疹と区別のつかないような症状が出ますが、水虫であれば8割がた片手だけに発症します。

 

水仕事による手荒れや主婦湿疹かと自己判断して市販の軟膏などで自己治療を勝手に進めてしまうことが、手水虫の治癒を遅らせてしまいます。

炎症を抑えるステロイド剤などを塗っていると、菌に対する皮膚の免疫力が低下するため、白癬菌はかえって活発化してしまいますので注意が必要です。

 

手は日常よく洗う場所であり、白癬菌に感染しにくいのですが、水虫にかかるということは白癬菌が繁殖している場所に手で触れている証拠です。

 

仮に他人の水虫の治療に専念して感染したのでもなければ(この場合はおそらく頻繁に手を殺菌消毒するはずです)、自分の足の水虫やインキンタムシなど白癬菌が感染している所に、無意識かつ頻繁に手を突っ込んだり引っ掻いたりして感染したというルートにほぼ限定されるでしょう。

つまり手白癬にかかる人のほとんどは、足、その他の水虫にも感染しているということになります。

 

手水虫に良く似た症状に汗疱や主婦湿疹、皮膚カンジダなどがありますが、水虫の場合の見分け方のポイントとしては、

  • 指先や指股よりは手の平に症状が出ている
  • 片手だけに症状が出ている
  • あまりかゆみはない
  • 足や他の体の箇所に水虫がある
  • 爪の周りが赤く腫れたりはしていない

 

などがあります。他の部位の水虫と同じく、自己判断・自己治療の危険性をふまえ、皮膚専門医の診断を早期に受けて早い完治を目指しましょう。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu