»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


汗疱の症状と治療・治し方!水虫に似た皮膚病で誤診も多い

スポンサードリンク

 

水虫と似て、まぎらわしい症状の一つが汗疱(かんぽう)と呼ばれるものです。

正式な病名は「汗疱状湿疹」または「異汗性湿疹」といいます。

 

汗疱 症状 画像

 

これは、多汗症の方に多く、汗腺のつまりによって水ぶくれができると言われていますが、水ぶくれの中の白い液体は汗ではなく、汗の導線とも関係ないので原因は汗ではないという説もあります。

 

水仕事、または金属や繊維に触る作業で汗腺がつまる、あるいは何らかの細菌やウィルスアレルギーによるもの、はたまたストレス、喫煙、体質…いろいろ言われていますが、結局のところ原因不明であり、決定的な治療法もよく分かっていない皮膚病です。

 

発症するのは指股や指のつけね、手のひらや足の裏に多く、夏に出やすい症状です。

軽度のうちは、ぽつぽつと白い小さな水疱が皮膚の中に現れ、かゆみがあるもの、ないものがあります。

 

水疱は2週間くらいすると皮むけを生じ、自然に治ることもありますが、水疱がつぶれてひどい痒みや痛みをともない、掻きむしって黄色っぽいかさぶたと皮むけとただれが混じったような症状に変わると、非常に長引くこともあります。

 

皮膚科ではステロイド剤がよく処方されるようですが、ステロイドは皮膚の炎症を抑えはするものの、同時に雑菌に対する皮膚の抵抗力を弱めてしまうため、かえって二次感染を起こし痒みや炎症をひどくしてしまう場合もあります。

 

アトピー性皮膚炎の治療でもよくステロイドが使われますが、これは長期に渡るとステロイド依存症やステロイドアレルギー、免疫機能の低下など副作用があることから問題視されている薬剤成分でもあります。

 

医師の立場からすれば、とにかく「かゆみ」や「炎症」という表面に出ている症状をなくすことを第一に、抗炎症作用のあるステロイドを患者に使用するのですが、皮膚病は全般的に体内の異常や問題が表面に表れていることが多いため、単に症状をなくしただけではまた再発を繰り返すことが多いのは事実です。

 

また、他の皮膚病と同様に汗疱も誤診が多く、水虫薬を処方されてまったく症状が改善せず、かえって悪化してしまった…という声もよく聞きます。

 

これは「汗疱性白癬」という、一見汗疱の症状そっくりの白癬症が存在するためです。

とは言うものの、種々雑多な皮膚病を正確に見分けることができ、市販薬の幾倍かの効能を持つ薬を私たちに処方できるのは専門医でしかありません。

 

こればかりは口こみや評判、そして自身の感触を頼るしかないかもしれませんが、皮膚症状の正確な「見立て」と正しくムダのない治療方法を提供できる優秀な専門医を、出来得る限りご自分の足で探してみて下さい。

それが早期治療につながります。

 

また、外用薬ばかりに頼るのではなく、食生活をふくめた生活改善、自律神経や免疫力を高め、血液を浄化するための摂生も図ることも大切です。

 

アルコールや喫煙、食品添加物のたくさん入ったお菓子や加工食品を控え、菜食に切り替える、適度に運動をして新陳代謝を高めるなどは、皮膚病以外の疾患を改善するのにも有効な手段です。

 

栄養面ではビタミンB群やビオチンが皮膚や粘膜の健全化を助けますから、サプリメント等で補ってもよいでしょう。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu