»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


疥癬の感染経路と症状とは!?水虫に似た皮膚病の治療とお薬情報

スポンサードリンク

 

疥癬はヒゼンダニという非常に小さなダニの寄生によって起こる皮膚症状で、子供と高齢者に多く発症し、また集団感染しやすいものです。

指股や腋の周囲、腹部、陰部などが発症部位で、手首や指股には「疥癬トンネル」と呼ばれる数㎜の細長い灰白色の皮疹ができます。

 

これは皮膚の角質内をヒゼンダニが動き回る際にできるものです。

症状は強いかゆみと赤い湿疹をともない、寝ている間にひどくなります。

 

寄生虫であるヒゼンダニ(疥癬虫)は雌で0.4㎜、雄がその3分の2の大きさですから、目に見えない位の小さな虫であるため居場所の特定が不可能です。

 

皮膚につくと、角質内で産卵して3~5日で孵化、10~14日で成虫になります。

皮膚の中の疥癬トンネルを動きまわりながら産卵し、寿命は1ヶ月~1ヶ月半程度です。

 

乾燥に弱く、人の体温が生存に好適温度であり、それより低い温度で運動が鈍くなります。

人の皮膚から離れれば数時間で感染力も低くなり、高温にも弱い(50度、10分で死滅)性質を持ちます。

 

感染経路は人から人への直接皮膚接触ですが、皮膚に寄生して1~2ヶ月の潜伏期間があり、その後かゆみや発疹などの発症を起こします。

寄生数が1000匹以下なら「通常疥癬」ですが、100万匹~200万匹になると強力型の「角質型疥癬(ノルウェー型疥癬)と呼ばれ、潜伏期間は4~5日と短く予防法・治療法とも通常疥癬と異なってきます。

 

医療機関では次のような殺虫効果のある薬剤の外用・内服が処置されます。

・イオウ剤の全身塗布と24時間後の洗浄を5日間繰り返す、または六一〇ハップ液)での全身入浴(皮脂欠乏症、皮膚刺激などの副作用あり)

・クロタミトン=オイラックス軟膏の全身塗布と24時間後の洗浄を5日間続ける。

・安息香酸ベンジルローションの全身塗布と24時間後の洗浄を2~3日繰り返す。

・腸内駆虫薬イベルメクチンを服用後、一週間目に顕微鏡検査により卵の孵化の有無を確認する。(外用薬で効果が低い時や角化型疥癬の場合に外用薬と併用)


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu