»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


掌蹠膿疱症 原因は?症状の特徴と治療法についての情報

スポンサードリンク

 

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)は、主に中年男性に多い皮膚疾患で、500人あたり1人の確率で発症すると言われています。

image

 

初期には手の平や足の裏に無菌性(細菌が原因でない)の水疱がたくさん発生し、時間の経過とともに水疱は膿疱に変化します。膿疱の周りには紅斑があらわれ、次第につながって大きな紅斑を形成します。

 

発症部位は手や足だけではなく、頭部や体幹、陰部などにも症状が出ることがあります。

全体の一割くらいの確率で胸鎖肋間骨化症(胸骨と鎖骨、肋骨の間の軟骨が骨化する)を併発し、症状がさらに重度に進行すると掌蹠膿疱症性関節炎を起こします。

慢性化して寝返りも打てないほど関節が痛み、車椅子生活で長年の闘病生活を強いられるケースも多々あります。

 

現在この病気は保険適用外の難治性疾患であり、原因も特定されておらず、決定的な治療法も確率されていません。

従来の皮膚専門医療では、金属アレルギー、喫煙、虫歯、歯肉炎、慢性扁桃腺炎などの原因ががあげられ、扁桃腺切除手術や免疫抑制剤による治療が掲げられてきましたが、治療は2~3ヵ月から数年、長期では10年近くにも及ぶものでした。

 

しかし約20年前に東北大学医学部出身の前橋賢医師の研究成果により、この疾患が慢性的なビオチン(ビタミンH)の不足によるものとの結論が出されました。

現在は秋田県由利本荘市の本荘第一病院で前橋医師による「ビオチン療法」がなされており、高い治療成功率が出ています。

(※2005年朝のTV番組で奈美悦子さんと前橋医師との対談が放送されたため、本荘第一病院への掌蹠膿疱症患者が殺到し、前橋医師が倒れて以来診療が完全予約制となり、現在は一年半程度待たなければ前橋医師の診察は受けられません。)

 

ビオチンのサプリメントは市販でもインターネットでも購入できますが、掌蹠膿疱症においては生活環境の改善と見直しから進めてゆかなければうまくいきません。

喫煙はビオチンの効果を薄めますし、卵白の摂取もよくありません。

 

一部の精神安定剤や睡眠薬、抗てんかん薬、胃薬の一部、マルチビタミンの一部もビオチンの効果を減少させます。

また掌蹠膿疱症においては腸内細菌バランスの調整も必要であり、整腸剤ミヤリサンとの併用が薦められています。

 

あるアンケートによれば、ビオチンの飲用を2~3ヵ月以上継続した掌蹠膿疱症患者の7割程度に何らかの改善が見られ、そのうち半年~1年以上継続した三割強のグループでは「かなり改善した」という結果が報告されています。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu