»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


多形滲出性紅斑:原因と症状の特徴!治療方法とお薬について

スポンサードリンク

 

多形浸出性紅斑は、単に多形紅斑ともよばれ、細菌やウィルスなどに対する一種のアレルギー反応により起こる皮膚症状と考えられています。

image

 

軽度では虫に刺されたような盛り上がってかゆみのある紅斑が、四肢おもに手足の甲や肘・膝などに左右対称に表れます。

ふちがむくんだような赤紫色で二重環の紅斑が大きくなってくると、鶏の卵大くらいで治まります。発熱や関節痛、筋肉痛をともなう場合もあり、男性よりは女性に多発する疾患です。

重度のものでは紅斑の中央が水疱になり、口・目・鼻・外陰部の粘膜にまでびらんが出るようになります。これは「スティーブンス・ジョンソン症候群」というもので、入院が必要になってきます。

 

細菌・ウィルス・薬剤・食物・悪性腫瘍・内分泌異常などがアレルギー反応を起こす原因といわれていますが、中でも三大要因と考えられているのがヘルペスウィルス、マイコプラズマ(肺炎)、そして薬剤となっています。

実際の治療では原因物質を突き止めて除去するという、アレルギー治療と同じ手法がとられますが、原因が分からない場合には、かゆみと止めと抗炎症のための非ステロイド系炎症外用薬や抗ヒスタミン内服剤が用いられます。

 

重度の場合には副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)の内服や点滴を受ける場合もあります。

皮膚専門医での処方薬を使用してもなかなか治まらない場合もありますが、一過性のアレルギー反応であり、軽度ならば2週間~1ヵ月程度で治まるものですから薬の使用を続けながらしばらく様子をみることも大事です。

何かの薬剤を服用していて、38度以上の高熱、唇や口内粘膜のびらん、目の充血、皮膚広範囲の紅斑などの症状が現れた場合には速やかに医師の診断を受けましょう。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu