»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


水虫かもしれない!?まずは水虫かどうかの確認を!!

スポンサードリンク

「水虫になってしまった」時、まず最初にあなたがやることは「水虫かどうかを確かめる」ことです。

水虫と似た紛らわしい皮膚病はざっと数えるだけでも楽に10個以上はあります。

安直に水虫薬を買いに走ることのないよう、症状から正確な判断をすることが大切です。

しかし、皮膚病は素人判断では誤りやすいので以下を一応の目安にとどめておいて、やはり専門医の診断を仰ぐのが最善です。

 

汗疱(かんぽう)

手のひらなどにかく汗が原因でできる水疱状の湿疹でかゆみはあまり無い。

夏場の暑い時期にも発症するが、緊張やストレスでかく汗が原因で冬場に出ることもある皮膚病。

外用薬の塗布とともに精神的環境を整えることが大事です。

 

尋常性乾癬

難病のひとつで、皮膚の表皮に厚い鱗屑ができる。

むりにこれを剥がそうとすると出血し、手や足の裏にできると角化するので水虫と間違えやすい。

通常、頭皮やひじ、ひざにできるが体全体にできることもある。

 

接触性皮膚炎

いわゆる「かぶれ」と呼ばれるもので、接触物は薬・化繊の下着・植物(漆など)と多岐に渡るが原因が特定できないことも多い。

見分け方のひとつとして、かぶれは赤くなった後に水疱ができるが、水虫は最初から赤い小さな水疱ができるというのがある。

 

ズック靴皮膚炎

アトピー性皮膚炎の子供に多くみられ、靴との接触により足首、かかと、足の指、足の裏などがカサカサしたり皮がゴワゴワと厚くなったり、ひび割れて出血することもある。

水疱は出ないので水虫との見分けは比較的容易。

 

掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)

金属性アレルギーや扁桃腺による免疫反応と考えられているが、本当の原因はわからないことが多い皮膚病。

突発的に膿のある小さな水疱を生じ、やがて黄白色の膿をもつ水ぶくれが大きくなる。

膿が乾くと水虫の小水疱性白癬症とそっくりの症状になるため間違えやすいが、左右対称に症状がでるのが水虫との違いである。

治療には数年から十年程度かかると言われる。

 

疥癬(かいせん)

ヒゼンダニという、人間の皮膚にしか寄生しないダニの一種が皮膚の角質層に小さな穴をあけて入り込み、激しいかゆみを伴う湿疹ができる。

湿疹の大きさは3~6ミリ。同居家族や集団生活の場で流行する。

 

貨幣状湿疹

10円玉くらいの褐色~赤褐色の大きさの丘状の湿疹がおもに下肢に現れる。とくにすねの部分から始まり、腕や体に広がっていく。

強いかゆみを伴い、湿疹の大きさが次第に卵大くらいに変化してゆく。

ステロイドを塗っても治らない場合は白癬病(タムシ)を疑った方が良い。

原因は乾燥や金属アレルギー、扁桃腺炎など。

 

脂漏性湿疹

頭や顔に白いフケのようなものをふき(シラクモ~頭部白癬に似る)紅斑がでる症状。

皮脂中のトリグリセリドという脂肪酸が白癬菌以外の真菌によって分解された遊離脂肪酸が直接皮膚を刺激したことによる、または皮脂中の過酸化脂質による原因、ストレス、アルコール依存症、糖尿病、肝疾患なども原因にあげられるが、はっきりとしたことは判明していない。

 

アトピー性皮膚炎

アレルギーに関係し、皮膚のセラミドが不足することなどにもよる過敏症の皮膚炎。

乳幼児では湿潤型で首周りや肘・膝関節の内側に出ることが多い。

年齢が上がるにつれ乾燥型に変化し、カサカサと白く粉をふいた様に角質が細かくはがれ落ちる。

いずれにしても強いかゆみがある。

 

皮膚カンジダ症

カンジダという真菌が原因で発症する。手では表面がカサカサになったり、指間ではびらん(ただれ)性の湿疹がでる。

爪の症状では爪の付け根や横側が赤くはれ上がったり、爪の中までカンジダが入ると爪が盛り上がって肥厚し、スジができて爪先がボロボロになることもある。

水仕事の多い中年男女に多く発症する。手に発症することが多いが、足のものもある。

 


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu