»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


水虫治療方法の正しい知識-肌のターンオーバーと水虫完治の理解

スポンサードリンク

初めは指股の間のわずかなスペースにできた水虫も、知識の薄い自己治療に頼っていたり放置していたりすると、やがて白癬菌の繁殖が広がって小水疱性白癬(赤いぷつぷつ水虫)や爪白癬(爪水虫)に進行することがあります。

水虫が原因で指を切断したケースもあることを考えると、「たかが水虫」とあなどれないことが分かります。

 

水虫を治すのに必要なことはただひとつ、「皮膚に感染している白癬菌をすべて殺してしまう」ことです。

間違えてはならないのは、治療は「かゆいという症状をなくす」ことではない、ということが大事です。

たとえ市販の薬を塗ってかゆみが治まったとしても、それは「白癬菌をすべて殺した」とは限りません。

かゆみがなくても白癬菌は生きている可能性があるからです。

 

市販薬、病院の処方薬、いずれにしても「患部とその周囲」に塗ることを忘れず、薬品の種類を替えながら最低一ヶ月~三ヶ月は塗り続けなければなりません。(三ヶ月で治るという意味ではありません。)

しかし皮膚の角質のターンオーバー(新陳代謝)は28日です。

 

28日の新旧の角質入れ替え期間を上手に利用すれば、角質に入った白癬菌は最低一ヶ月間ですべてなくなり水虫が完治する可能性が高い、ということなのです。

私たちは西洋医学の方法に慣らされてしまっているため、「症状がない=病気が治った」と思いがちですが、ウィルス性肝炎やガンなど、症状が消えても根本的に治ったわけではない病気はいくつもあります。

 

細菌やガン細胞など、目に見えないものが今どのように自分の体の中で影響を与えているのか、医師にすら調べて見なければ分からないことはたくさんありますし、ましてや医学知識のない一般人による勝手な推測と判断自体、早期治療を阻めているのではないでしょうか。

 

水虫は、足という靴に隠れたところにできるため人目からは分かりにくく、今治療しないでも何らビジネスや友好関係に不都合を与えないかもしれませんし、まさか家名や体面に傷がつく、というような重大事ではないかもしれません。

 

しかし、今、正しい治療を始めればそのかゆみと不快感、人に足を見せられない恥ずかしさなどはそれ以上に大きくなることはありません。もし他人に知られた時に「(本人は清潔にしているにも関わらず)不潔である」というレッテルを貼られることもなくなるのです。

 

何より(社会全体の人々を含めて)あなたの大事な家族や友人、恋人などに長期的でやっかいなプレゼントを背負わせることがなくなります。

その昔、まだ抗生物質が発見されていなかったころ地球上には「疫病」というものが流行りました。

 

ペスト、コレラ、熱病…現代におけるAIDSや肝炎なども根治がほとんど不可能な「疫病」と言えますが、水虫もひとつの「疫病」と考えてよいのではないでしょうか。

 

家庭内の足マットや寝具を始め、温泉、プール、フィットネスクラブ、ホテル、学校、幼稚園…人が素足になる、ありとあらゆるスペースに張り付いて何年も生き続け、足から足へとくっつきながら無限に移動し増殖し、足だけでなく体、頭、股などにもぐり込んで皮を食い荒らし続けている、これはれっきとした「バイオハザード」なのです。

 

たかが水虫ですが、水虫は立派な感染症です。

自己判断・自己治療、放置をしないで正しい治療法で完治をめざしましょう。

中国には、昔から使われている水虫薬があります。

 

その代表的なものは、華陀膏(かだこう)と複方土槿皮酊(どきんぴチンキ、液剤)であり、これらは今も薬局などで売られています。

現在皮膚科で使われている水虫薬は、ここ50年ほどの間に開発されたものです。

 

それ以前にはこれという水虫薬もありませんでしたので、上記の中国産水虫薬は大いに人気があったことでしょう。

これらの水虫薬は、主な抗菌成分として安息香酸が含まれており、さらに皮膚をはがす効果があるサリチル酸も含まれています。

 

華陀膏の成分は、サルチル酸5%、安息香酸10%、カンフル2%、ロウ梅油(香料)1%、白色ワセリン(基材)80%、白ロウ(基材)2%です。

複方土槿皮酊の成分は、木槿皮チンキ6mL、安息香酸1.8g、サリチル酸0.9g(15ml中)です。

これは、華陀膏の液剤タイプといえるでしょう。

 

なお、木槿皮チンキにも抗菌作用があるとされていますが、その寄与度は不明です。

水虫の患部では、水虫菌が皮膚の新陳代謝を抑えているために皮膚の入れ替わりが起こらず、水虫菌に食い荒らされた皮膚がそのまま蓄積されています。

 

このような変性(壊死)皮膚は薬剤を通しにくく、また水虫菌のすみかともなっていて水虫が治りにくい原因になっています。

サリチル酸はこのような変性皮膚をはがしますので、水虫を治す上ではとても効果的な作用をするわけです。

 

これらの水虫薬は、水虫に対してある程度の効果を発揮すると思われます。

最近のブログ記事でも、これらの水虫薬は効果があったという趣旨のものが見られます。

しかし一方では、これらの水虫薬はかなり酸性度が強い有機酸を含んでいるわけです。

 

当然、これらを使えば皮膚に刺激があるわけであり、多少の炎症反応が起きるでしょう。

水虫菌は、皮膚に炎症が起きると、とても治りにくくなるのです。

 

たとえば、足の指の間は皮膚が弱く、指の間の水虫患部では炎症を伴うことが多いのですが、そのような場合には先ずステロイド軟膏で炎症をしずめたのちに水虫薬を使うのです。

私の感じとしては、これらの中国産水虫薬は水虫に対してある程度は効くと思いますが、水虫完治にはなりにくいであろうと思います。

 


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu