»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


環状紅斑の症状と治療法について-水虫に似た皮膚病

スポンサードリンク

環状紅斑は原因がさまざまですが、環状または輪状の形をした紅斑が皮膚に現れる症状の総称です。

原因としては、リウマチや膠原病など自己免疫疾患により併発するもの、マダニが媒介するスピロヘータが起こすライム病によるもの、悪性腫瘍にともなうもの、または原因不明の遠心性環状紅斑、遠心性丘疹性(きゅうしんせい)紅斑など、多種多様にあり、壮年男女に発症しやすい症状です。

おもに2㎝位の丸い形をした、じくじくした浮腫性の紅斑がドーナツ状に体に出てきます。紅斑は大きくなり互いに繋がって地図状になることもあり、おおよそは遠心性(中枢神経系から次第に遠ざかるようにして発症すること)で出てきます。

 

紅斑の形や鱗屑(りんせつ、薄皮剥けのこと)の付き具合、症状の進行速度などさまざまであり、どういった種類の皮膚病なのかを特定するのは難しいですが、体内の悪性腫瘍が原因の場合は、紅斑の形が木目状ないしは年輪状をしていることが多いといわれます。

 

かゆみを伴うものも無いものもあり、症状が治まった後にも年季をおいて繰り返し発症することが多いのも環状紅斑の特徴です。

 

人体の免疫機能というものは、実に様々なものを異物として認識するもので、虫刺され、薬剤、金属、自己細胞の核(膠原病の一種)などに対しての防御反応のひとつとして、環状紅斑という皮膚症状が表れるに過ぎません。

 
これは他のどの皮膚疾患にもいえることであり、単に外側に出てきた症状の治療のみならず、体質や生活環境含め体の全体的な状態がどのようになっているのか、根本的には何が問題なのかを突き止めることが大切です。

 

皮膚症状の治療法としては、かゆみと炎症を抑えるためのステロイド薬の外用・内用、抗ヒスタミン剤の内服などが方法として取られます。膠原病やライム病、悪性腫瘍などの病理検査が行われて原因が判明した場合には、それらの治療が進められます。

 


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu