»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


水虫の原因!すべての根源は白癬菌だった!現代の水虫悪化の理由

スポンサードリンク

 

人間の体内には「常在菌」という、健康な体のためになくてはならない菌も寄生していますが、進化の過程をたどればこれも、初めは白癬菌のように宿主にとってはありがたくない存在だったのかもしれません。

 

いずれ白癬菌も他の常在菌と同じように動物や人間の体に利益をもたらす菌となる可能性があるというのは興味深いことです。

 

さて、水虫の原因はただひとつ、「白癬菌」と呼ばれるカビの一種です。医学用語でカビは「真菌」といい、皮膚に真菌が寄生して起こる症状は「真菌症」、そして真菌が皮膚に起こす症状を「皮膚真菌症」といいます。

 

「水虫」「しらくも」「たむし」「いんきんたむし」はそれぞれ順に足、頭、体、股の部分に真菌が寄生して発症した病気のことを呼ぶのです。

 

水虫は他の皮膚病と間違えることも多く、自己判断で別の皮膚病のための市販薬などを塗り続けた結果、かぶれや悪化を招くこともありますから早期に専門医の診断・治療を受けることが大切です。

 

若い女性などは水虫を恥ずかしがり、なかなか病院に行けなかったりして悪化する場合もあります。

 

間違った自己治療のみに頼って悪化させた結果、細菌感染による蜂窩織炎(ほうかしきえん)という、皮膚の深部まで炎症・化膿を起こす病気まで進行し、足が赤く腫れ上がるまでになってしまったという例が実際あったようです。

 

水虫にかかると、大概の人は市販薬を使用するかと思いますが、塗ってしばらくするとかゆみが治まり、もう完治したかと薬を塗るのをやめてしばらくしたらまた出てきた…という、この繰り返しを続けられている方が多いのではないでしょうか。

 

白癬菌は皮膚の角質層に住み着くため、皮膚表面の菌が死んでも深部ではまだ生き残っています。

 

角質層は約一ヵ月で古い細胞がはがれ落ち新しい細胞に生まれ変わります。(28日周期のターンオーバー)言い換えれば、正しい治療法でいけば一ヶ月で水虫は完治できる可能性が高いということなのです。

 

家族内感染を広げないためには、バスマットやスリッパの共有をやめる、床掃除をこまめにする。

 

カビ(白癬菌)が好むような環境を作らないために通気を良くし湿気をためない。

 

そして仕事で仕方ない時以外は靴やブーツを極力避け、サンダル履きにする…など、水虫をはびこらせないために環境を改善してゆくことも大切です。

 

また白癬菌を保菌したままプールや温泉などを利用するのは、外部に菌を拡散することになりますね。

 

自分の家族だけでなく「よその人にもうつさない」ことはマナーでもあります。

 

爪水虫などは、昔は絶対に治らない病気だと言われていましたが、今や医学が発達し、真菌への特効薬・抗生剤が発明された今、水虫は完治できない病気ではありません。

 

正しい薬による正しい治療、環境の改善、そして水虫菌に抵抗力のある体質作りなど、いろいろな方向から考えていくことも大事でしょう。

 

 

では、水虫について学んでいきましょう。

Next → 水虫の症状を感染部位ごとに種類分け!感染箇所で呼び名が変わる!!


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu