»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


アトピー性皮膚炎の症状と治療法について-水虫に似た皮膚症状

スポンサードリンク

アトピー性皮膚炎の「アトピー」という言葉は、鼻炎や気管支炎にも付くものなのですが、日本では皮膚炎が広範に知られているため、通常アトピーといえばアトピー性皮膚炎のことを指すとして通っています。

 

アトピー性皮膚炎は、30年ほど前までは乳児や子供にでるものとされてきたのですが、1980年代以降、大人にも多く発症するケースが増え、漢方を始め多くの代替療法が生まれ「アトピー産業」という一大市場を形成するまでになりました。

 

アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質と遺伝因子を持ちかつ皮膚角質層のセラミドが不足している人々に多く発症します。

 

また、腸管のろ過能力が通常よりも弱く、異種タンパクや重金属類その他のアレルギー抗原となるものを解毒排出する機能が劣っていた場合、異物を皮膚から排出しようとしてかゆみの強い皮膚炎となって表れるものです。

アトピー性皮膚炎は乳児期の脂漏性湿疹から移行することも多く、幼児~学童期には顎下や首周り、膝や肘の裏側、関節の部分などに湿潤性の湿疹を発症するケースがほとんどです。

 

年齢とともに治まってくるケースもありますが、思春期まで持ち越した場合には乾性の湿疹に移行し、成人、高齢期と年齢を上がるにつれ治療が難しくなります。

また、成人ではストレスも一つの大きな要因です。

 

皮膚専門医では主にスキンケア(保湿)とステロイド剤の外・内用、抗ヒスタミン剤の投与で治療が進められますが、ステロイド依存症や脱ステロイド後のリバウンドなど、アトピー性皮膚炎において初めてステロイド剤の問題が大きく取り上げられるようになったのはよく知られているところです。

 

夜寝られないほどのかゆみと、浸出液のにじみ出た掻き傷やかさぶたなど、通常の社会生活ができないほどの重症に悩む人も多くおり、単なるステロイド治療では追いつけない実情があります。

 

対症療法ではなく体質改善をめざし断食療法やマクロビオティックなど様々な自然療法も民間で研究されており、根気強くそれらを続けた結果ほぼ完治したケースも多くあります。

 

不摂生や食生活の乱れ、睡眠不足などを改めるだけでかなりの程度まで改善する場合もあることから、アトピー性皮膚炎は「皮膚病」ではなく「生活習慣病」でもあることが分かります。

 

皮膚は健康状態のバロメーターといえますから、アトピー性皮膚炎を根本から治していくことは真の健康を取り戻すことにも繋がっています。

 


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu