»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


皮膚カンジダ症の症状と治療法について-水虫に似た皮膚病

スポンサードリンク

皮膚カンジダ症は、真菌の一種であるカンジダによって症状が起こります。

カンジダは健康な人でも口腔粘膜や腸、膣などにに保菌している常在菌で、普通であれば病気を起こすことはないのですが、体力や免疫力の低下、高温多湿や不潔などの要因が重なることによって水疱や膿疱、紅斑や皮むけなどの皮膚疾患を生じさせるものです。

 

悪性腫瘍、糖尿病、膠原病、AIDSなどを患っている場合やステロイド剤の多用によって免疫力が低下している場合にもカンジダが発症しやすくなり、60代以上の高齢者では健常者でも発症確率が高くなり、おむつかぶれや高齢者の寝たきり状態による不衛生な皮膚環境でも発症ケースは多くなります。

 

カンジダは白癬菌と異なり、体内部へ侵入することもできるので内臓にも増殖した場合は重症となります。

皮膚カンジダによる紅斑は境界が不鮮明で広範囲にわたること、カンジダの二次症状として紅斑の周囲に小さな膿疱を生じるのが特徴です。

 

発症部位と症名

指間カンジダ症

水仕事の多い人の指間に発生し、白くふやけてかゆみをともなう。手を濡れっぱなしにしないでよく拭き、乾燥させる習慣をつけましょう。

 

カンジダ爪囲炎・カンジダ爪炎

多くが手の爪に起こり、薬指や中指の発症が多い。爪の周囲の皮膚が赤く腫れたり化膿し、カンジンダ菌が爪まで感染すると爪と肉の間に化膿と痛みを生じ、爪が変形したり変色(灰白色や褐色)する。

カンジダ摩擦疹

腋や股の皮膚がこすれ合う場所に発症するもの。肥満により皮膚がいつも密着し、通気性がないことも原因のひとつ。


 

治療は抗真菌薬を一日1~2回患部に塗布します。

患部が広範囲の場合や外用薬が効きにくい場合は、抗真菌薬を内服します。

 

白癬症と違い、比較的簡単に治りますが、問題はカンジダ症として表面に表れている体の疾患を突き止めることです。

悪性リンパ腫や悪性腫瘍、膠原病などの重篤なものが原因となっているかもしれませんので、紅斑や水疱を皮膚に生じた場合は自己判断せず早めに専門医の診断を受けましょう。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu