»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


接触性皮膚炎の症状と治療法について-水虫に似た皮膚症状

スポンサードリンク

接触性皮膚炎はいわゆる「かぶれ」とよばれるもので、個人差もありますが、うるしなどの毒性をもった植物や刺激性のある化学物質、特定の金属との接触によるアレルギー反応などとの接触により発赤やかゆみをともなう湿疹や水疱ができる症状のことをいいます。

接触性皮膚炎には大きく分けて「刺激性のもの」と「アレルギー性のもの」の二つがあります。

 

接触性皮膚炎:原因物質と皮膚炎の種類

金属皮膚炎

ネックレス、指輪、ピアス、腕時計、ベルト、眼鏡、皮革(なめし製造過程で金属を使用)

ゴム皮膚炎

ゴーグル、ラテックス製ゴム手袋など

化粧品皮膚炎

白髪染め、アイシャドー、口紅、頬紅、ファンデーション

衣類皮膚炎

化繊の下着、上着の襟など

医薬品等による皮膚炎

絆創膏皮膚炎、テーピング皮膚炎、外用薬皮膚炎(市販薬に多い)

植物皮膚炎

うるし、ぎんなん、桜草など

 

また、食品ではホウレンソウやセロリ、人参、玉ねぎ、サトイモといったものに触れるとかゆみが出る人もいますし、唾液や涙、便(オムツかぶれ)などもかぶれの原因になります。

 

接触性皮膚炎の治療について

接触性皮膚炎の治療では、原因物質となるものを特定し、それを遠ざけることが第一の対処方法になります。

また、かゆみがある場合には副腎皮質ホルモン(ステロイド剤)の外用や、体内のヒスタミンというかゆみをもたらす物質に拮抗する抗ヒスタミン剤の服用が有効な方法です。

慢性のもの・重症のものではステロイド剤を内服することもあります。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu