»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


水虫治療薬の塗り方のコツ!効果的なタイミングと注意点とは?

スポンサードリンク

水虫治療薬には塗り方のコツがあります。

しかし、はっきりとその症状が「水虫」と分かるまでは市販薬を買いに行ってはいけません。足に皮むけやかゆみがあるからと言って即座に水虫とは限らないからです。

汗疱その他の症状が似た皮膚病はかなりたくさんあり、それらの皮膚病に水虫薬を塗ってしまうとかえって悪化させるおそれがあります。

 

まずは専門医の診断を受けることが第一ですが、市販の水虫薬を塗ってから角質の顕微鏡検査をすると白癬菌が発見されない場合がありますので、診断を受ける一週間以内は薬を塗らないようにして下さい。

また、市販薬を塗る場合には目や目の周囲、 顔面、 粘膜( 口腔、鼻腔、 膣等)、陰のう、外陰部等には塗ってはいけません。

さて、いよいよ本物の「水虫」と判別し、薬を塗る時の注意点です。

 

水虫治療薬を塗る時の注意点!

【 其の1 】

薬を塗る前は患部をきれいに洗い清潔にします。水分をふき取って乾燥させましょう。

 

【 其の2

薬を塗るタイミングは一日の内いつでも構いませんが、入浴後に患部が水分を含んでふやけている時は薬が浸透しやすいのでベストです。

 

【 其の3 】

薬を塗るのは一日一回でOK。
(市販薬で何回も塗らなければならないものは効果がほとんどありません。)

 

【 其の4 】

患部の外側から塗ります。

健康な皮膚との境界線から内側に向かってうずまき状に塗ると良いです。
これは、内から外に塗ると菌を拡散してしまうおそれがあるためです。

広めに塗り、沈潜している菌まで殺菌するつもりで塗りましょう。

白癬菌は足のどこにも生存している可能性があるので、つま先からかかとまですべて塗布するよう指導する医師もいます。

こちらの方が白癬菌を全滅させる可能性は断然高いでしょう。

 

【 其の5 】

三年以上水虫を患っている人は足裏全体、指股に出ている場合は、隣に並ぶ残り四本の指を含めて足先3分の1に広く薬を塗ります。

 

【 其の6 】

白癬菌は角質深部まで入り込んでいます。二週間目くらいでかゆみは治まるかもしれませんが、皮膚の代謝周期は28日ですから最低1ヶ月~3ヶ月は塗りましょう。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu