»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


水虫治療市販薬の効果と完治の為の重要項目をピックアップ!!

スポンサードリンク

水虫の市販薬を塗って完治したと思ったのに、また再発を繰り返した…

「市販薬は効かない!」というイメージを持たれている方は多いのではないでしょうか。

TVのCMであんなにすごい効果をうたっているのに、ブテナブロックとかダマリンは本当に効かないのでしょうか?

 

水虫市販薬の真実とは!?

その答えは、使用する側に問題がある場合も少なくありません。

まず本当に「水虫」なのかが問題です。

汗疱など症状の似た皮膚病もしくはもっと重篤な体内の病気の表れかもしれないのに、自己判断で強力な抗真菌薬を塗ることにより、ただれやかぶれを起こす場合もありますし、塗り方も間違っているかもしれません。

10日から二週間程度使用して痒みが治まったとしても、皮膚の新陳代謝には約一ヵ月を要します。

 

まだ入れ替わっていない古い角質の中に白癬菌が生き残っているとしたら…

そしてかゆい患部だけでなく他の皮膚表面にも菌があいかわらず潜んでいるとしたら…

 

目に見えるところかゆみや皮むけ、水疱が無くなったとしてもまだ白癬菌は健在でいます。

水虫治療薬の塗り方の基本は、最低一ヶ月は塗り続けること、しかも患部周辺の皮膚にも広く塗るということです。

皮膚専門医によっては足のつま先からかかとまで、つまり足まるごと表面ぜんぶに薬を塗るよう指導しているところもあります。

 

また、市販薬の選び方も良し悪しがあることをご存知でしょうか?

 

価格的には700円~4500円くらいですが、率直な話安い薬はほとんど効き目がありません。一日に何回も塗るよう説明してあるものも効果がないと思ってください。

これまで本当に効果のある水虫治療薬は病院の処方でしか購入できなかったのですが、数年ほど前から(※)スイッチOTCにより薬店でも入手できるようになりました。

これにより、現在では市販薬でも正しい使い方をすれば水虫は完治するということなのです。

(※)スイッチOTC~医師の処方箋でのみ販売が許可されていた医薬品が、その高い効果と安全ラインの副作用との特徴から、一般用医薬品として認可(スイッチ)され、市販で購入できるようになったことを言います。(OTC over the counter「カウンター越しに」の意)

結論としては、市販薬で確実に治療効果を上げるために最低、以下三つのことが重要になります。

 

水虫治療-市販薬で治療効果を上げる重要ポイント

① 自己判断をせず、「本当に水虫かどうか」の診断を専門医につけてもらう!

②(外用薬だけで治る場合は)スイッチOTCの市販薬を購入する~薬剤師さんに確認してみましょう!

③患部の周辺~足すべてに薬を塗る、最低1ヶ月~3、4ヵ月は毎日塗り続ける!


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu