»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


水虫治療薬FAQ-塗り薬と飲み薬の併用についての疑問!爪水虫

スポンサードリンク

指の股にできる趾間型や土踏まずにできやすい小水疱型。

または、体表面にできるタムシなどは角質が薄い場所に白癬菌が感染しているので塗り薬だけで対応できる場合も多いのです。

ですが、爪水虫に限っては塗り薬だけでは完治が不可能なのです。

なぜならば、外用薬では爪と指の皮膚の間に入り込んだ白癬菌まで薬効を届かせることが不可能なために、薬の内服によって血液中から直接皮膚内部まで殺菌成分を送り込む必要があるからです。

よって爪水虫の治療には内服薬が使用され、足の爪以外の場所つまり足全面にはびこっていると思われる白癬菌を完全に叩き込むため、外用薬との併用によって治療が進められます。

 

皮膚科で水虫治療を行う際によく処方されるのが塩酸テルビナフィン成分を含むラミシールです。これは強力な抗真菌作用があり、外用・内服合わせて出されるものです。

爪水虫にかかると、爪内部に沈潜した白癬菌が爪以外の皮膚にも送り出されるため、なかなか水虫が完治しません。

 

爪水虫の場合、ラミシールで通常3ヶ月くらいから効果が出てくるのですが、爪が完全に入れ替わるまで半年~1年は薬を飲み続けなければなりません。

人によっては2年3年と飲み続けても完治し切らないケースもあります。

これは体質の問題もありますが、薬を飲むことを怠ったり病院の診断を受けるのを面倒くさがっていい加減にしたり、といった患者本人の怠慢も原因になることがあります。

 

水虫は目立たない場所に出来やすい皮膚病なので、つい治療やケアをおろそかにしがちかもしれませんが、完治を目指してきちんと毎日塗り薬・飲み薬を続けましょう。

また、飲み薬を続ける場合は肝臓障害などの副作用を避けるために定期的な検査を受けるようにしましょう。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu