»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


水虫治療薬(飲み薬含む)の有効成分と効果副作用について

スポンサードリンク

爪水虫の治療を受ける際には内服薬の使用が必須となってきますが、肝機能障害などの副作用が数%の割合で起こることがありますので、使用前の血液検査と肝機能・腎機能検査、使用経過中の定期的な肝臓検査と血液検査はかならず行われなければなりません。

場合によっては一年以上服用することもあるわけですから、長期になればなるほど副作用のリスクも高くなってきます。

 

病院によっては定期的な検査をすることなく水虫内服薬の長期投薬を行っているところもあり、体の不調を自覚しつつも原因が水虫薬と知らずに服用し続けているケースもありますから、副作用の初期症状をあらかじめよく知ることも大事でしょう。

 

例えば肝機能障害を起こした場合、風邪でもないのに微熱が続く、食欲不振、倦怠感、だるさなどの症状が起こってきます。

血球の異常であれば皮膚の紫斑や皮下出血、咽頭炎が初期症状です。

 

その他にも、医師向け書籍には水虫治療薬「ラミシール」について、驚くべき副作用の事実が記されています。

 

「海外において重篤な肝障害(肝不全、肝炎、胆汁うっ滞、黄疸等)及び汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少があらわれることがあり、死亡に至った例も報告されている。

本剤を使用する場合には、投与前に肝機能検査及び血液検査を行い、本剤の投与中は随伴症状に注意し、定期的に肝機能検査及び血液検査を行う等観察を十分に行うこと。

本剤の使用に当たっては,添付文書を熟読のこと。(一部抜粋)」

 

《有効成分別副作用》

イトラコナゾール

副作用は少ないものの、併用に注意が必要な薬が多い。 まれに起こる副作用としては、肝機能障害や肺水腫、うっ血性心不全、吐き気や下痢(添加剤による)、かゆみ、発疹など。

 

テルビナフィン

肝障害、汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、急性全身性発疹性膿疱症、横紋筋融解症、ショック、アナフィラキシー様症状

 

グリセオフルビン

頭痛、吐き気、めまい、重篤なものは肝機能障害、錯乱、発疹、高熱など。動物実験で催奇形性が認められる。発がん性の可能性も指摘されている。


 

水虫薬に限らず、効果ある薬剤には副作用がつきものです。

まれにしか起こらない副作用を過剰に恐れる必要もありませんが、正しい治療を進めていく上での予備知識として、副作用のことも知っておきましょう。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu