»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


授乳中や妊娠中に水虫治療薬(飲み薬)をでも飲んでいいですか?

スポンサードリンク

水虫の内服薬は、授乳中や妊娠中の服用を中止しなければなりません。

また服用後半年程度は妊娠も控えた方が無難と言えます。

爪水虫の場合は内服薬が治療の中心になりますので、これから妊娠を希望している方にはつらいところですが、健康な赤ちゃんを出産するためにお母さんはちょっとのガマンですね。

 

もしも水虫薬を内服中に妊娠に気づいた場合は、即座に使用を中止して医師の診断を受けられることをお勧めしますが、このケースによる薬害データはいまのところ報告されていませんので、さほど深刻にとらえることではないかもしれません。

 

外用薬の場合はどうなのでしょうか?

授乳中や妊娠中、水虫薬がお母さんの血液を通して赤ちゃんに入った場合に悪い影響はないのか?という心配をされる方もいらっしゃると思いますが、残念ながらこれについても製薬会社の正確なデータがありません。

妊産婦での人体実験はできないためでもありますが、ちなみに「ウィンダム」の添付文書には「使用経験が少ないため、治療上の有益性が危険性を上回る場合にのみ使用すること」と記載されており、有効成分ラノコナゾールについての催奇形性(動物実験による)データは現在まで出ていません。

 

妊娠16週でほぼ胎盤が完成期に入り、胎盤関門によって胎児に悪影響のある異物(化学物質など)の侵入の心配も大方少なくなりますが、妊娠初期~妊娠3ヶ月位(12週)までは、胎児の器官形成期で細胞分裂が活発に行われている時でもあり、物理的刺激や薬剤の影響など注意することはたくさんあります。

内服薬の中止はもちろんのことですが医師によっては、胎盤が確実に安定する20週までは外用薬の使用も禁止しているようです。

また「妊娠中に安定期などない」と唱えている医師もいるくらいですので、注意をしてし過ぎることはないのかもしれません。

 

とは言え、母体の白癬菌を新生児にうつしてしまう危険性や後々のやっかいさを考えると、産まれる前に治してしまった方が良いとも言える訳であり、薬を使うか使わないか、については究極には自己選択と自己責任の問題であるとも言えるでしょう。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu