»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


水虫治療治し方!オロナインで水虫は治るのか!?真実は…

スポンサードリンク

水虫を患われている方のなかで、オロナインでの治療を試みる方がいらっしゃいます。

実際に、オロナイン軟膏の効能効果として、「ニキビ、吹き出物、はたけ、やけど、ひび、しもやけ、あかぎれ、傷、水虫(じゅくじゅくしていないもの)」という流れで、水虫への効能が記載されています。

では、実際はどうなのでしょうか?

オロナインの成分:クロルヘキシジングルコン酸塩について

オロナインに含まれる成分として、『クロルヘキシジングルコン酸塩』があります。

この成分は、消炎鎮痛作用や消毒効果があり、殺菌効果もあるとされています。

水虫の患部を、消毒、殺菌する効果があるという意味ですね。

まったくの効果のないものを、オロナインのパッケージに掲載することはできません。

しかし、現実的に考えると、根強い白癬菌をオロナイン程度の市販薬で完璧に撃退できるかというと、難しいというのが答えとなります。

多くの水虫患者の人が、オロナインでの治療を試みたと思いますが、完治できた人はゼロに等しいと思います。

 

オロナインが効くのは軽度の水虫まで!

上記でも申し上げましたとおり、オロナインの成分には、消炎、消毒、殺菌の効果があるクロルヘキシジングルコン酸塩が含まれています。

もしもあなたが、水虫に感染したてで、ヤバイヤバイと思いオロナインをつけることに成功できたなら、表面の白癬菌を殺菌して、水虫を防ぐことができるでしょう。

しかし、症状が現れてしまった水虫に対しては、オロナイン程度では治療効果は望めません。

また、オロナインで『かぶれる』場合がありますので、特にじゅくじゅくした水虫へのオロナインの使用は辞めるようにしましょう。

症状を治すつもりが、悪化の原因となります。

 

水虫を1秒でも早く直したい!場合は?

症状が出てしまった水虫というのは、治療に時間がかかるものです。

水虫の症状は、表面的に出たり消えたりするものです。

知らない間に水虫が治っていた!というのは、大きな錯覚であり、白癬菌の影響が表面に出ていないだけです。

実際には、皮膚の奥深くに白癬菌が潜んでおり、再発することは間違いありません。

もしもあなたの水虫が、一度発症して自然に消えてしまった場合、もしくは市販薬での治療で目に見えなくなってしまった場合には、必ず医師に皮膚の確認をしてもらってください。

医師が皮膚の一部から検査を行い、その中に白癬菌が含まれていなければ、完治したことになります。

しかし、皮膚に白癬菌が含まれていたならば、症状は何度でもしつこく再発するでしょう。

水虫は、他人に感染しますので、自分の症状が見えなくなったからといって放置してはいけません。

最後まで完治を確かめることが大切です。

もしもあなたが、1秒でも早い水虫の完治を目指すのであれば、医師との付き合いは避けられません。

世の中には、水虫に対して嘘のように効果を発揮する薬や手法というのが存在します。

残念ながら、オロナインではありませんが…。

皮膚科の医師の診察からの治療というのが、一般的には一番信用できる水虫完治への確実な方法だといえるでしょう。

水虫の自己治療をすることは悪いことではありませんが、症状が見えなくなった場合には、必ず医師の検査を受けて白癬菌が絶滅しているかのチェックをしてくださいね。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu