»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


かゆみや水泡がある場合の水虫に似た症状と本物の水虫の見分け方

スポンサードリンク

 

今の時代、水虫は5人に1人が感染していると言われるほど一般的な感染病になっています。
年配の方々を含め、最近では若い女性(高校生)などへの感染も広がっているのが事実です。

 

突然「足の皮膚がかゆくなった。」「足の指の間がじゅくじゅくしてきた。」「足の臭いが臭くなった。」などの症状が現れた場合には要注意です。

 

しかし、水虫の症状によく似た皮膚病も存在することを忘れてはいけません。

 

水虫になってしまった・・・。

 

と、落ち込んで皮膚科の医師の診断を受けてみると、水虫に似た皮膚病だっただけ。ということも珍しくありません。

 

では、水虫と水虫に似た皮膚病の簡単な見分け方をご紹介します。

 

水虫か?水虫に似た皮膚病か?の見分け方としては、水虫の特徴として片側ずつ発症するということがありますので、急に水虫のような症状を発見した場合には、両側に症状が発生していないかを確認されてみてください。

 

水疱やかゆみ、赤い炎症など紛らわしい症状が皮膚病全般に多いのですが、まず「片側にしか出ていないか?」ということを第一のめやすにされると良いと思います。

 

左右対称に出る皮膚病をあげると、脂漏性皮膚炎、尋常性白斑病(しろなまず)、掌蹠膿疱症などがあります。

 

皮膚病の症状というのは素人判断では誤りやすいものですから、まず異常を感じたら皮膚専門医の診察を受けるのが早期発見・早期治療の早道と考え、自己判断や自己治療に頼るのは極力やめておきましょう。

 


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu