»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


水虫菌の皮膚への定着は24時間!潜伏期間は5年~10年!発見の遅れ

スポンサードリンク

 

水虫の原因である白癬菌は、皮膚に付着してから24時間で定着(感染)します。

 

しかも1度感染してしまうと、すぐに治すことが難しいのが特徴です。
また、潜伏期間も長く発症まで対処できないことが大きな問題の1つです。

 

角質層への定着(感染)は24時間、潜伏期間は5~10年

白癬菌の潜伏期間は5~10年と非常に長く、足裏の角質の深部に潜んだまま症状としては出てこない場合も多くあります。

 

たとえ今発症していなくても、湿気の多い季節などに角質層の表面まで白癬菌が増殖してある日突然かゆみなどが出てくる可能性は高いのです。

 

また、白癬菌が角質層にしっかりと入り込み感染するまでには24時間かかります。足に付着しても24時間以内にきれいに洗い落とせば、発症は防げるということなのです。

 

初期症状:感染してもすぐには発症しない。発見が遅れることも・・・

6月のじめじめした梅雨時、突然足の裏がムズムズとかゆくなって来たと思ったら、ぽつぽつと赤い小さな水疱が出てきた、あるいは小指と薬指の間が白くふやけてじゅくじゅくしている。

 

そんな症状が出たら水虫を疑ってみましょう。

 

足の角質層の中で5年~10年の長い潜伏期間を経て発症したものかもしれませんし、それほど長い年月でなく付着後24~48時間以上が経ったものかもしれません。

 

通常、水虫が感染する条件として ①付着後24時間以上が経過し、②湿度70%以上、温度15度以上の高温多湿の環境にいたというのが挙げられます。

 

角質増殖型(かかと水虫)や爪水虫の場合にはかゆみが無い場合もあります。

 

片側ずつ発症しているかどうかというのは見分けの重要なポイントですので見逃さないようにしましょう。

 


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu