»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


趾間型水虫の症状と治療方法 – 水虫の初期症状の90%以上がコレ!

スポンサードリンク

 

『趾間型水虫』は、水虫の初期症状としてもっとも多くみられるものです。

赤い小さな水ぶくれを生じる「小水疱型水虫」と合わせて90%以上の水虫がこの症状です。

夏場の暑い時期に発症することが多く、片足のどちらか一方から、しかも第四指(薬指)と第五指(小指)の間の指股が赤くかさかさと皮むけを起こしたり白っぽくふやけたり、湿ってじゅくじゅくして強いかゆみを引き起こします。

趾間型水虫画像

症状が進むと、ひび割れなどを起こし、かゆみもかなり強くなります。

 

趾間型水虫 画像 じゅくじゅく

 

また、趾間型水虫は他の皮膚病の症状とも見分けが付きにくいことがあり、皮膚に常在しているブドウ球菌や腸内細菌が白癬症の炎症に二次感染してしまっていることもあります。

こうなるといくら水虫薬を塗っても治るどころかさらに症状を悪化させ、放置しておくと細菌感染により鼠蹊部のリンパ節が腫れ上がったりすることもあり、注意が必要です。

 

体の他の部位の水虫と同じように、趾間型水虫も足環境の高温多湿が原因で発症します。

靴やブーツなどは気密性が高く、またハイヒールもつま先がしめつけられて指と指の間が密着するため、通気性が悪くなり水虫にかかり易くなります。

水虫 女性

 

また指が生まれつき太い方や指と指の間がくっついて狭い方は、指股に汚れた垢が溜まりやすくなりますので、やはり水虫になりやすいタイプです。

 

皮膚科では、抗真菌薬の塗り薬が処方されますが、他の細菌感染により足の甲からすねにかけて、またそけい部のリンパが腫れてしまう「蜂窩織炎(ほうかしきえん)」を起こしてしまっている場合は抗生剤の点滴や服用が必要となります。

重症の場合は入院することもありますので、初期症状での勝手な自己判断・自己治療を避け、早期に専門医の診断を受けることをお勧めします。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu