»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!


しらくも(頭部白癬)の症状と治療法 – 頭にできる水虫

スポンサードリンク

 

しらくも(シラクモ)とは、頭部に白癬菌が感染して起こる水虫です。

症状としては、頭皮のかゆみ」や「多量のフケ」、そして「脱毛などが起こります。

素人目には、単に「シャンプーにかぶれた」とか「洗い方が足りない」などと判断してしまうことも多く、水虫とは気づかず放置したり、または間違った対処をする事が治癒を遅らせる最大の原因となっています。

 

単なるフケ症との違いは、フケ(鱗屑 りんせつ)を伴った「ゼニ型」の脱毛境界面が現れることです。

似た症状としては癜風でんぷうもあり、これは常在菌である癜風菌(真菌の一種)が原因で発症するもので、脂漏性湿疹との関連も言われています。

 

image

 

シラクモの感染は通例、子供に多かったのですが、近年では高齢者にも多く見られます。
また、子供の女子よりは男子の方に発症の割合が多いようです。

 

足の水虫と同じく、高温多湿を好む白癬菌が頭部の毛根に増殖して起こる症状で、初期~中期はかゆみや脱毛、フケとして表れます。

症状が進行すると、頭皮の毛穴から菌が皮膚に深く侵入して、リンパが腫れたり、発熱したりすることもあります。

 

子供に多く発症するため、症状を特定しにくいのも治癒を遅らせる原因となっており、発見した時には、掻きむしって化膿までしている場合もあります。

 

しらくも 画像 子供

 

また、頭を掻いた手で体に触れることで感染が広がりますので、親は十分注意し、手をいつも清潔にしてやる、頭を掻かない工夫をすることが大切であります。

 

寝具や衣類からの未感染の家族への感染を防ぐために、衣類や寝具は別に分ける。
などの対応が必要となってきます。

また高齢者においても、老人ホームなどの公共施設で集団感染の予防が求められます。

 

シラクモの治療法は、基本的に他の水虫と同じく抗真菌剤の外用薬で対処し、重症の場合には内服薬の飲用も続けなければなりません。

子供の場合、内服薬の安全性は確証されていませんので、注意深く様子を見ながら、二ヶ月の服用が限度とされています。

頭部白癬が重度に進行した場合には、ケルスス禿頭症という広範囲な脱毛症が起こりますが、この時には外用薬は厳禁で化膿した傷口から膿が出るのを妨げてしまうため、内服薬のみの治療となります。

 

シラクモは皮膚科でも誤診がしばしば見られ、単なる皮膚炎との診断によりステロイドなどを処方されてしまうこともあるようです。

治療に手応えがないならば、思い切って病院を替えることも早期完治のために必要です。


»»【必見中の必見!】水虫を瞬殺で完治させる信じられない治療法はコチラ!

スポンサードリンク


Menu